損した額も少ないからこそ

FXは資産運用法の一つではありますが、最近は非常に少額ではじめることができる会社も増えてきたのでゲーム感覚で楽しむことができるようにもなってきたのです。 FXは短期的に見れば上がるか下がるかだけですから、丁半博打のように楽しむことができるという利点もあります。 しかし、少し前までは実際にこのような楽しみ方をしようにも手数料が高かったり、最低ロット数が大きかったりして気軽に楽しむことができるものではありませんでした。 もちろん、損した額が大きくなるというのであればそれだけ慎重にトレードをするわけですし、FXというのは投資であるわけですからそのような遊び半分で手を出す人がでないということを考えると、それも悪いものではありませんでしたが、やはり多少興味のあるという人にも手を出しづらい側面はありました。 ところが最近のFXは最小ロット数が、非常に小さく抑えることができるので、1000円を損するだけでもかなり時間がかかるようになってきました。 損した額が少ないのであれば当然資金の減りが少ないわけですし、長期間投資に挑戦をすることができます。 初心者が必ず最初の頃にすぐに負けてしまうというわけでもありませんが、初心者の場合リスクのコントロールが上手くいかずに初期段階の方がすぐに資金を溶かしてしまい、相場から退場してしまいやすいものです。 しかし、ロット数を抑えることで非常に少ない金額からトレードを開始すれば勝った利益が小さくても、負けた時の損失も少ないですからトータルで見て負けやすい初心者には非常に都合よくできていると言えます。 また、勝てるようになってからも最小ロットが少なければ少しずつロット数を増やして行き、そのときのトレード技術に応じてポジション管理をすることができるので、常に身の丈にあったポジションを持つことが出来るということになるのです。 このように損した額が余裕資金の範囲内であれば、続けていくことでトレードに対する技術も上がり徐々に勝てるようになっていくのです。


ページトップへ

Fot MENU

Design by Megapx  Template by s-hoshino.com
Copyright (C) ゲーム感覚でFXを行えるもの All Rights Reserved.